濃くて太くてもじゃもじゃのすね毛に悩む男性のみなさん、男性ほどじゃないけど濃いすね毛に悩む女性のみなさん、脱毛をすればそのすね毛は薄くなります。
ミュゼプラチナムとかエステティックTBCとかでやってもらえるあの「脱毛」が非常に有効なのです。
ほとんどの人はカミソリなどで剃るという自己処理をしていると思いますが、剃ることで黒いポツポツの断面がよけいに目立つと感じる人もいるようです。
では脱毛はどうなのかというと、何回も根気よく脱毛器を照射していけば少しずつムダ毛は薄くなっていきます。
10回以上もやれば自己処理の手間がほとんどいらないくらいまで薄くすることができるでしょう。
女性の場合には脱毛サロンでやってもらうのが一番手っ取り早いと思いますが、ヒザ下脱毛を10回以上やるなら数万円はかかります。
脇とかだったら激安でできることもあるんですけどね。
もしどこかの脱毛サロンでヒザ下脱毛を何回も激安でできるプランがあったら予約しておくべきです。
しかし、脱毛サロンに通う時間が無い人や男性の場合には別の方法を探す必要があります。
全国展開している有名な脱毛サロンはたいていが女性専用なので男性の場合にはメンズTBCなどの限られたメンズ専用の脱毛サロンを探して通う必要がありますが、女性向けよりだいたい値段が高いと思います。

では脱毛サロンに通う以外にどんな方法があるのかというと、本格的な家庭用の脱毛器を購入して自分で脱毛するという方法です。
ケノンという脱毛器がすごく性能が良くて評判も抜群なのでおすすめです。
光式(フラッシュ式)の脱毛器といって、一般的な脱毛サロンで使われている脱毛器に近い脱毛器です。
楽天などで口コミを見ていると「予約が取れない脱毛サロンをやめて、ケノンを使うようになった」など、脱毛サロン経験者の人も満足する性能だというような書き込みも見つかりました。
通販でしか買えないのですが、別に怪しい商品とかではないので安心してください。
実際に購入している人もたくさんいますからね。

簡単に言うと脱毛サロンに行かずに脱毛ができるということなのですが、値段の面でもおすすめです。
すでに書きましたが脱毛サロンで両ヒザ下脱毛をきっちりとやった場合には3万円~5万円はかかると思います。
ケノンは69800円なので高いと思うかもしれませんが、ヒザ下だけではなく一台でほとんど全身をカバーできるので、全身脱毛し放題で69800円と考えればかなり安いはずです。
注意点として、カートリッジパーツは消耗品なのである程度使ったら新しいものと交換する必要があることと、VIOゾーンのうちメーカー推奨箇所はVのみでIOは自己責任での照射となるという点ですね。
それと、脱毛し放題とは言っても同じ箇所に毎日のように脱毛器を照射しても意味がありません。
毛周期を考慮しながら1ヶ月ごとに1回などの期間をあけてやっていきます。
でもケノンで全身脱毛するなら「今日は右腕の脱毛で、明日は左腕~」みたいにうまくローテーションを組んでやっていけば無駄が無いですね。

医療脱毛という名の永久脱毛をするという手もありますが、脱毛サロンに比べて医療脱毛ができる美容クリニックが少なく、男性向けもやはり少ないです。
私としてはケノンをおすすめしたいところです。

情報源
すね毛 薄くする